紙んぐあうとvol21


少し遅めだが、昨年に続いて紙業界のトレンドを探る指標、『紙屋大賞2014』をお届けする。集計期間は2013年11月21日から2014年11月20日まで。京橋紙業で動いたすべてのアイテムが対象で、今回は「書籍用紙・全色」「書籍用紙・クリーム」「書籍用紙・白」を掲載する。特殊紙分野は続編としてまとめて紹介予定。

1.アズーリ(北越紀州・京橋PB品)
2.クリームキンマリ(北越紀州)
3.OKライトクリーム(王子)
4.Kライト書籍(北越紀州・京橋PB品)
5.OKアドニスラフ70(王子)
6.ラフ淡クリーム琥珀(日本)
7.アルドーレ(三菱・京橋PB品)
8.オペラホワイトマックス(日本)
9.アルトクリームマックス(日本)
10.メヌエット・ライトC(北越紀州)
生粋の書籍用紙、イエロー書籍は13位。高白色で話題になったオペラクリアマックスは21位。

1.クリームキンマリ(北越紀州)
2.OKライトクリーム(王子)
3.Kライト書籍(北越紀州・京橋PB品)
4.ラフ淡クリーム琥珀(日本)
5.アルドーレ(三菱・京橋PB品)
6.アルトクリームマックス(日本)
7.メヌエット・ライトC(北越紀州)
8.オペラクリームウルトラ(日本)
9.OKミルクリーム・ハニー(王子)
10.三菱 イエロー書籍(三菱)
昨年6位だったクリームエレガは10位圏外へ。上位陣は安定の強さ。逆に注目はアルトクリームマックス。昨年10位から6位へと順調に採用例を増やしている。

1.b7トラネクスト(日本)
2.HSホワイトソフト(北越紀州)
3.HSスノーフォース(北越紀州)
4.b7バルキー(日本)
5.HSハミング(北越紀州)
6.マルガリーソフトA(三菱)
7.HSホワイトハミング(北越紀州)
8.b7クリーム(日本)
9.b7ナチュラル(日本)
10.OKプラナスホワイト(王子)
第3回にしてついにb7トラネクストが首位を奪取。今回は抜き出た形となった。また、僅差だったもののb7クリームがb7ナチュラルを上回った。