対談コラム:株式会社エコリカ

対談コラム:株式会社エコリカ



京橋・小川(以下、小川): 本日は京橋紙業ショールームの出入り口を開放し、今、業界で少し話題となっている高演色LEDとは何なのかを株式会社エコリカの山形部長代理をお招きして教えて頂こうと思います。

小川:はじめまして。

株式会社エコリカ・山形氏(以下敬称略): はじめまして。今回は京橋紙業さんのショールームのLED照明を高演色LEDに交換していただいてありがとうございました。

小川:いえいえこちらこそスピーディーな作業びっくりしました。交換しておいてなんですが高演色LEDの事を改めて教えて下さい。印刷会社や校正室などで使われていると聞いてはいるのですが。

山形氏:ハイ、印刷会社さんですと印刷機に付属する色見台や校正室の照明に使われるのが一般的です。そこで使われる蛍光灯をトリプルA蛍光灯と呼ぶのですが2020年で生産が中止となり市中在庫のみの提供になってしまったのです。

小川:聞いたことあります、蛍光灯2020年問題ですね。水銀を使うものは規制対象になったとか。

山形氏:そこでLEDに置き換わるのですが巷にあるLEDが全て同じ物ではないのです。

小川:今回、改めて実感しました。ショールームの半分だけ高演色LEDにしたらこんなにも違うものかと驚いています。百聞は一見にしかず、ですね。是非見に来てもらいたいです。

山形氏:現在、印刷学会の基準に合致するものを作っているメーカーさんはまだ少ないですが複数社あります。業界の展示会などに出展しておりますので見ていただいた方もいらっしゃるかもしれません。

小川:僕も見たことあると思う。

山形氏:ありがとうございます。今年はコロナで1回も出展できていないのがつらいです。

小川:僕も展示会マニアなのですが中止ばかりで痩せちゃいそうです。

山形氏:ここ笑うとこですか?

小川:話がそれてしまいましたが、改めて高演色LEDについて説明お願いいたします。

山形氏:こちらのパンフのカラーバー見て下さい。

小川:エコリカLED高演色タイプと一般LEDの比較表ですね、ところでRa97とかRa80などのRaとは何の基準なのでしょう?

山形氏:Raとは100を太陽光下とし、そこから何ポイント下がるかという風に見ていきます。

小川:一目瞭然ですねこの表。張り付けて見てもらおう、いいですか?

山形氏:オッケーです!

演色評価数.jpg

小川:続いて6500Kとか5000Kとかありますが、こちらはどう判断すればよいのですか?

山形氏:Kと表示してケルビンと読ませます。色温度の表示基準となります。ちなみに数字が高いほど青に振れて低いと黄色や赤に振れていきます。

小川:寒色、暖色ですね。

山形氏:印刷学会さんの基準はRa90以上ケルビン5000と決められていますので準拠しております。

小川:6500Kなどは僕らの業界だとどんなところで使われますか?

山形氏:製本屋さんなど傷などを発見するにはこちらを採用頂くケースがございます。

小川:なるほどそれぞれ用途によって使い分け出来るのですね。ところで開発秘話なんてありますか? ●ロジェクトX的な感動的な燕飛びそうな男泣きしそうな。

山形氏:急に欲しがりますね、元々弊社LED照明は作っていたのですが、ある印刷会社の方と偶然酒席を共にする機会がありまして、印刷会社さんにLED照明を買って頂きたい思いを伝えたところ印刷学会のガイドラインに沿った物でないと採用されないと言われ開発に着手しました。

小川:そこから血のにじむような努力と開発を繰り返し遂に、♪ヘッドライト♪ヘッドライト(泣)田口トモロヲさんのナレーションに中島みゆきさんのエンディングテーマ...あれだけでご飯3杯いける。

山形氏:小川さんテレビ見過ぎです(笑)

小川:すいません、ふざけ過ぎました。

山形氏:少しコストのお話もさせて頂きますね、エコリカの高演色LEDは従来の蛍光灯の半分以下の消費電力で4倍の寿命を持ち1年365日毎日10時間使っていただいて13年使っていただけます。

小川:(T_T)

山形氏:どうしました?

小川:このショールームの照明が切れる頃には僕はもう定年です。

山形氏:小川さんならショールームの案内係とかコンシェルジェみたいになっているかも。

小川:その手があったか山形さん、ありがとう!

山形氏:駆け足での説明ですが少しはご理解いただけたでしょうか?

小川:まだまだ教えて頂く事がたくさんあると思うのですが今度はエコリカさんに行かせて頂いてもよろしいですか?

山形氏:いつでも大歓迎です! 逆にエコリカの高演色LEDを実際に採用している現場として京橋紙業ショールームを紹介しても良いですか?

小川:こちらも大歓迎です!

山形氏:ところで小川さん。これ見たことあります? たらららったら~♪ ハンディワークライト♪

小川:●ラえもんみたいな出し方止めて下さい。でも面白そう、点けていいですか

山形氏:小さいけれど性能は一緒なんですよ!

小川:これ持ってお客さんのところ行きたいな!

山形氏:高演色を理解して頂くも良し、これでも良いという方には販売もしています。

小川:自宅用で1台下さい。

山形氏:さすが小川さん太っ腹!

小川:どこ見てます?

山形氏:お買い上げありがとうございました(汗)




本日、初対面とは思えないフレンドリーな会話がまだまだ続きますが、とりあえず今回はこの辺りで。
続きは弊社、小川までお問い合わせください。
京橋紙業・小川
ogawa@kyobasi.co.jp


■対談者プロフィール

山形 真(やまがた まこと)
株式会社エコリカ
営業統括部 営業部 部長代理

電気工事士2級、照明コンサルティングを取得して、製品だけに
関わらず、工事関連などのノウハウを蓄積してLED業務に従事。


小川 亮(おがわ りょう)
京橋紙業株式会社
営業本部 営業部 次長

平成3年に京橋紙業入社
紙に触れていると安心する、根っからの紙マニア
アシスタントカラーコーディネーターの資格を持つ。





株式会社エコリカ

〒101-0064
東京都千代田区神田猿楽町2-8-16 平田ビル 4階
TEL 03-5280-5251
FAX 03-5280-5015